森の妖精 レンゲショウマ

投稿者 だんきち山 投稿日 7月25日

東高根森林公園で一週間ほど前からレンゲショウマが咲き始めました。

森の妖精と呼ばれ気品のある花は魅力的です。

今年は雨が多いせいか蕾が沢山見られ見事な花が楽しめそうです。

敷地内にはタイワンホトトギスが咲き始めました。

今年新たに二ヶ所でタイワンホトトギスを見つけ今までに見つけたものと合わせ五ヶ所になりました。

E棟エントランス脇、A棟エントランス脇、H棟、L棟(F棟、H棟寄り)、管理防災センター入口

タイワンホトトギスは開花期間が長く秋まで楽しめます。

また敷地内のエンジュが咲いています。(E棟付近に並木、写真はI棟南公園)

エンジュは花の色が葉の色に近く目立ちませんが地面に沢山の花が落ちています。

ニセアカシアの木が敷地内にあります。(F棟―L棟間)

ニセアカシアは木肌や葉がエンジュに似ていますが、花は、開花時期も形も全く違います。

森の妖精 レンゲショウマ” に対して1件のコメントがあります。

  1. アンジュまま より:

    だんきち山さんでしょうか?花を見つけられるパーク内の生育場所と写真を載せてくださり、とても嬉しいです。
    犬の散歩中は、私は草花、木々を眺めながらゆったりとした時間を過ごします。いつも名前がわかるともっと楽しいだろうなあと思っていました。
    名前と場所だけだと、見つけられないこともありました。エンジュだったのですね。
    緑も鮮やかで、あちこちで花の開花が見られ、パークならではの楽しい季節ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です