色が変わる花など

投稿者 だんきち山 投稿日 5月13日

桜は終わりましたが、いろいろな花が咲き誇っています。近隣を歩き廻る時間が増えるとともに新たな気づきが増え、また、気づいたことを調べることも増えました。

ハコネウツギ(1枚目)は白と赤が混じっています。時間とともに赤が増えます。不思議に思っていたら以前チョコちゃんが教えてくれました。初めは白。それが受粉すると赤に変わり受粉していない花を目立たたせる花の戦略だそうです。

ニオイバンマツリ(2枚目)は紫と白、

スイカズラ(3枚目)は白と黄。

これらも色が変わりますが受粉ではなく時間とともに変わるようです。ニオイバンマツリは紫から白へ。スイカズラは白から黄へ。

高木で高いところに花が咲く木があります。普段の視線では花に気づかず、見上げないと花に気づかず見逃しがちです。

ユリノキ(4枚目)は電柱のように真っ直ぐに伸びる大木です。東高根森林公園では高木群の中でもひときわ高く頭が飛び抜けています。東高根森林公園の他に等々力緑地沿いの通りに数本見つけました。

朴の木(5枚目)はユリノキほどではありませんが、花は高いところで咲きます。大きな花は泰山木と同じように印象的です。

B棟、C棟脇の栃の木が今花を咲かせていますが、高いところで咲いていて見上げないとみつかりません。ところが東高根森林公園に隣接する津田山墓地の広場に四方八方に大きく枝を伸ばし木全体に花をつけている栃の木(6枚目)をみつけました。

周囲に邪魔するものがないとこうなるのかと驚いた次第です。その木には目の高さにも花(7枚目)があり近くにありよく見ることができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です